賃貸物件についての情報サイトです。

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、障害者を含め「あらゆる人が快適に暮らすことのできる設計」を指す言葉です。バリアフリーと混同されがちですが、ユニバーサルデザインは障害の部位や程度を考慮して設計を行なうものではなく、障害の有無、年齢、性別、国籍、人種にかかわらず多様な人々が買い手に生活できる空間を目的として創出されます。対してバリアフリーは、「特定の人が暮らしやすいように」とカスタムメイドの側面が強い設計になっています。
ユニバーサルデザインの原則は7点に要約されています。即ち「誰にでも公平に利用できる」、「使う上で柔軟性に富む」、「簡単で直感的に利用できる」、「必要な情報が簡単に理解できる」、「単純なミスが危険につながらない」、「身体的な負担が少ない」、「接近して使える寸法や空間になっている」という7点です。ユニバーサルデザインの提唱者であるロナルド・メイスが唱えたこの7原則は、現在世界各国で実現され、国際的に非常に高い評価を得ています。

賃貸物件の種類

アパート 不動産

賃貸物件というとアパートやマンションがまず連想されますが、建物や賃貸形式によっていくつかの種類に分類することができます。
まずマンションとアパート。原則として3階建て以上のものをマンション、2階建て以下のものをアパートといいます。ほかにも鉄筋コンクリートや木造など構造によっても分類される場合もあります。共同住宅でほかの入居者と共用するスペースがあるのが大きな特徴です。2年契約で賃貸契約を結ぶのが一般的となっています。
それから最近増えているのがより短期間借りる賃貸物件。ウィークリーマンションや、マンスリーマンションと呼ばれるものです。その名の通り週単位や月単位で借りることができる賃貸物件です。短期間の転勤や、受験シーズンなど一時的な滞在などの際に利用するケースがほとんどです。
通常の賃貸形式に比べれば家賃は高めとなりますが、ホテルに比べると安価ですし、家具や家電なども揃っているので気兼ねなく生活することができるというメリットがあります。

■スポンサー■





■スポンサー■